29
2008

オカルト映画さながらの夢

旅行中の私たち一行は、とある村にたどり着きました。
吊り橋を渡っていくと、にこやかに挨拶を交わす村の人々。

和やかにこの村で過ごし、日も暮れてそろそろこの村から立ち去ろうとすると吊り橋から歩いてくる人物が。
よく見ると殺気ばしったミイラ化した男の人。
首には縄が...。
村人から話を聞けばこの村に立ち入ったら最後、何人も村から出ることはできない。
新しく村に来た人を新たに吊り橋に縄で首をくくり生け贄を捧げているのだとか。
それで幸せな生活を贈ることができる、これを繰り返しているおかげで。

あ・た・ら・し・く...それは私たちじゃないかっ!!
するとそのミイラ化した男は私たちを見てこう言った。
「おれもそういう目にあったんだ、今度はお前たちの番だ!」
と数日前に胸くそ悪い夢を見ました。
不思議なことに夢で最終段階に近づいて来た時には
『これは夢だ』と夢の中で気がついているんですけど、なかなか目が覚めずヤな思いをしました。
おもしろいもので、村人はみな外国人の顔なのに話す言葉がわかるんですね。
海外ドラマの二カ国語版を見過ぎでしょうか?Ψ( ̄∇ ̄)Ψワッハッハ~♪

目が覚めて思ったのは、この世のどこかにもしかしたら存在するかもしれない村があるかもしれない...と。
吊り橋を渡れないとその村に入れないところがあったら、もしかしたらその村は...。

なーんてね (*´σー`)エヘヘ

あるわけがないことを祈ります。

↓あ、あるわけないさと思ったらここをクリック☆

banner_03.gif 


↑参加してます♪ポチッとね☆
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

兄者  

夢は深層心理を反映するなんていいますがどうなんでしょうね。
何かしら恐怖とかストレスを感じてるとか。

生贄になってみたい?? そんなわけねーか。

2008/03/29 (Sat) 13:51 | EDIT | REPLY |   

hello_imac3  

*兄者さん

恐怖とストレス...ヽ(  ̄д ̄;)ノ エー!?
なんでしょう?あまりそんな風に感じたことはないのですが...
もちろん生贄に皆って見たいとも考えたこともないですよ(・_・)/ ハーイ

あ...あるとすれば、「いい人がいるのよー」の声でしょうか。



2008/03/29 (Sat) 15:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment