05
2008

ぐりぐりっ

冬眠する熊の様についついうたた寝 (_ _). 。 。оΟ◯
訪問しても書込む案が浮かばずロムばかり...歳には逆らえん

今日も私の担当する男の子はお休み。
「せんせー、にんじゃごっこしよー
の声に応え、頭に紙で作ったはちまきを身に着け変身。
一通り騒いでいたら、2番目のバスに乗ってくる子どもたちが登園。
「あっ、ハロせんせー
と私を見るなり、両手を広げて抱き着いてきた男の子。
そう演歌を愛する、笑いを誘ういつもの子だ。
私が遊戯室にいてドッジボールを側で見ていたらその男の子が片手にマイク、もう片手には風呂敷を持ちながらやってきた。
「せんせー、マントをまいて
「おっ、コンサートでもやるのかい?」
「うん
「なにをうたうの?
「えっとー、『きよしのソーランぶし』
「そっかー、『(北島三郎の)まつり』はうたわないの?」
「うたうよっ」
ホントにこの子は演歌が好きなんだなぁ。
祖父母の影響大です
そんなこの子はよく鼻水を垂らしている。
「○○くん、おはなをかみましょう」
と声をかけたら手で拭き取りそうな勢いだったので
「てではふきとりません」
と慌てて言ったが、間に合わず担任の先生と私の目の前で手で鼻水を拭いていた...
☆=>=>=>(+_+。) ガーン
お願いだから、ちゃんとティッシュで鼻をかもうよ

預かり保育の部屋でこの男の子の添い寝をしていた時の話。
寝付くまでもぞもぞと動く彼。
側にいた他の先生に何かをいわれた様子。
すると突然私の胸...お腹?にぐりぐりっと顔をうずめた。
「?!(・◇・;) ドウシタノ?」
の聞くと
「おれがおきたあとにはなすから」
「え~ ( ̄ο ̄)それじゃぁ、せんせいかえっちゃっていないよー」
「じゃ、ひ・み・つ」
なんだったんだろうと思い、あとからその先生に話を聞いてみたら
『早く寝ないと鬼が来るわよっ』
と ( ̄。 ̄ )ボソッと話したんだそうです。
この子はとても明るい子なんですが、すごく怖がり。
鬼や幽霊なんかとんでもない話。
それで私にぐりぐりしてきたのねー

それにこの子、シャツやTシャツをズボンの中に入れないもんだからよくオシリの割れ目が見えるくらいにズボンがずり落ちていることが多い。
つい昨日も見えている背中、オシリをすりすりとさわっていたら担任の先生も
「じゃ、あたしも
と一緒にすりすり。
「なにするんだー
と怒ってきた。
「あら?だってどうぞさわってくださいってだしているのかなぁとおもって、ねぇせんせい
「そうだよ、もうすぐおおきいくみにいくんだよ。しゃつをいれてずぼんをあげるっ」

今日はこの子の話オンパレードでしたが、奈良美智 (なら よしとも) さんってご存知でしょうか?
あの方が描く子どもにそっくりなんですよ、彼。
おでこが出て、あの目。瓜二つです(笑)

明日は私の担当する男の子、元気に登園するといいなぁ

banner_03.gif 


↑参加してます♪ポチッとね☆
関連記事
スポンサーサイト

Tag:幼稚園 奈良美智 北島三郎

0 Comments

Leave a comment